Sponsored links
広告
Twitter
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 将棋アプリ将皇(iOS版)ver5.0を公開しました
    ken1 (01/04)
  • 【12/7 追記】【報告】将皇(Flash版)で使用しているサーバが遅くなっています
    n (01/04)
  • 将棋アプリ将皇(iOS版)ver5.0を公開しました
    むささび (12/23)
  • 将皇入門編(iOS版)ver2.4を公開しました
    N (12/23)
  • 雑記
    ken1 (12/22)
  • 将皇入門編(iOS版)ver2.4を公開しました
    ken1 (12/22)
  • 将棋アプリ将皇(iOS版)ver5.0を公開しました
    ken1 (12/22)
  • 将棋アプリ将皇(iOS版)ver5.0を公開しました
    豆腐 (12/22)
  • 雑記
    cel (12/20)
  • 将皇入門編(iOS版)ver2.4を公開しました
    N (12/20)
Category
Archives
次にやる事

将皇(Android)ver5.0はひとまず無事にVUPできたみたいで一安心しました。ユーザ数の多いアプリは精神的負担が大きいです。

 

ひと段落ついたので次にやる事を決めようと思います。まずは、詰将棋の準備やJavaアプレットの署名更新や確定申告などの溜まっている雑務をやらないといけません(やりたくないです)。それが終わったらiOS版将皇の開発をやろうと思います。iOS版将皇はAndroid版に比べると機能的に見劣りするので少しテコ入れしたいです。ざっと思いついただけでもこれだけの機能差異があります。

 

・問題の一括ダウンロード
・実戦詰将棋の解答モード
・棋譜再生で任意の手数に直接移動するモード(リストビュー)
・実戦詰将棋のチャレンジモード
・棋譜の保存機能
・過去問機能

 

何故こんなに違うのかというとiOS版の方が儲かっていないから・・・は否定しませんが、それ以上にVUPするとランキングが落ちるリスクが気になって意図的に控えていたのです。AppStoreで表示される評価はバージョン毎にリセットされるので、リリース直後に数人から☆1を喰らうと低い評価でストアに掲載されます。低い評価のアプリは露骨にランキングが落ちてしまうんですね。ダウンロード数も減ります。定番ゲームは似たようなアプリが多いので特にその傾向が強いと推測しています。

 

ですがTwitterやブログでお伝えした通り、他のデベロッパーから☆1のレビューを数千個以上喰らってしまいアプリの評価がグダグダになりました。ランキングも大きく下がりました。しかし一つ分かった事がありまして、アクティブユーザ数はほとんど減っていませんでした。将皇は常連ユーザの比率が非常に高いのかなと思います。これからはランキングを気にしてVUPを渋るより、既存ユーザに長く遊んでもらえるように改善して収益性を上げる方向にシフトした方が良いと思いました。その方がユーザにとっても私にとっても健全だと思います。

 

長々と書きました。

結論をまとめると、たまった雑務をやれということです(違)

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
近況と今後やることなど

近況や今後やる事について適当に書いていきます。

 

■将皇(iOS版)が中華アプリに攻撃された件の顛末

Twitterで書いた件です。iOS版の将皇が大量の☆1攻撃を受けてランキングが下がってしまい、代わりに中国製の将棋アプリが一番人気になったという事件です。☆5のさくらレビューでランキングを上げるという行為は見た事がありましたが、逆のパターンを組織的にやられるとは思いませんでした。☆1のレビューは1日に100〜200ずつ3か月以上に渡って続き、一番酷い時は☆1のレビューが1万個を超えました。精神的にかなり参りました。しかも、相手のアプリは将皇入門編のコンテンツを完全にパクるというおまけつきです。Appleに異議申し立てを行いましたが、☆1のレビュー攻撃については「調査する。必要があればこちらから連絡する。回答をフォローしても優先度はあがらないよ」という冷たい返事で、コンテンツパクリの方は「著作権についての問題は当事者同士で解決してね。自分たちはCcに入れてね」という対応でかなり落胆しました。相手にメールしても全て無視されました。

 

しかし辛抱強くメールを送っている間に状況が好転しました。☆1の攻撃については最後まで回答はありませんでしたが、裏では対応してくれていたようです。☆1の評価が定期的に削除されていき最終的には元通りになりました。この減り方が一定ではなく(週5くらいの頻度で1日に100減る、半月に1回2000〜3000減る)非常にもどかしかったです。著作権の方はAppleは定期的に状況をフォローするのですが、その内容が少しずつ変わっていき「早く解決しないとアプリ削除するよ」になり、最終的には削除となりました。

 

余談ですが、攻撃を受けてApp Storeの順位が大きく下がってもアクティブユーザ数は1割しか減りませんでした。支えてくださっている常連の皆様に感謝です!少しでも長く楽しんで頂けるようこれからも地道に活動していこうと思います。
 

■囲碁アプリの件

囲碁アプリの開発は頓挫してしまいました。プログラム的な問題もありますが、それを克服して自分が理想とするアプリを作っても恐らくヒットしないだろうなという予感というか確信があるためです。現状で一番人気のある囲碁アプリが将棋換算でいうと5〜6番手という扱いになっており、あまりうまみがない市場なのかなと(GooglePlayの場合)。金銭的にもっと余裕ができてから頑張ろうと思います。囲碁をテーマにしたバカゲーを作りたいという個人的な目的があるのでw。

 

■今後の開発内容

まずは、棋譜保存機能を将皇(Android)に移植する予定です。Amazonアプリでしばらくの間テストするので公開は先になるかと思います。iOS版は・・・どうしましょうかね?

 

あと、これは来年になると思いますが、動画リワードを導入したいと考えています。バナー広告の収益性は年々下落傾向にあり、長くサービスを続けるためには動画タイプの広告が必要と判断したためです。既存機能はそのまま使えるようにしたうえで、新機能を使うための広告として組み込もうと思います。実戦詰将棋や勝ちきれ将棋の過去問(5年分)をプレイするために広告を見るとかすれば納得してもらえると思います。思いたい。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
WEB版・スマホ版の思考レベル設定について

スマホ版の将皇LV3がWEB版(PC版)LV3より弱いというコメントを時々頂きますので、以下に返信させて頂きます。

ーーーーー
スマホ版のLV3はWEB版のLV2と同等の思考ルーチンを使用しているため、WEB版のLV3より弱いです。環境に依存せずレベルの強さを合わせる件は今後対応していきたいのですが、現状のままで合わせようとすると

LV2→スマホ版のLV2に統一
LV3→スマホ版のLV3に統一
LV4→WEB版のLV3に統一

とするしかありません。これだと新設するWEB版のLV4が従来のLV3と同じであるため、
ユーザをがっかりさせる事になるのでは?と思い躊躇しています。そのため、統一する場合は、WEB版LV3より強い思考ルーチンを新たにつくって、WEB版のLV5として公開したいと考えています。

尚、思考ルーチンを合わせた場合でも、CPU・使用メモリ量・定跡データなどに違いがあるためスマホ版はWEB版より弱くなる傾向があります。その点はご了承ください。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
将皇観戦用のWebサイト改善
作成途中だったためあまりお伝えしていませんでしたが、将皇が将棋倶楽部24で対局した棋譜を観戦するWebサイトがあります。あまり放置するのもなんなので、見た目を少し改善してみました。

http://ken1shogi.sakura.ne.jp/taisen/shogi.html

だいぶ見やすくなったかと思います。あとは更新ボタンを押さなくてもリアルタイムで棋譜を進行させる機能が欲しいですね。google app engineのchannel apiを使えば実現できるので、勉強も兼ねて挑戦してみようと思います(来年かな?)。そこまで作ったら、将皇入門編に「観戦モード」という機能として組み込む予定です。先が長いですね・・・。
 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
今後やりたい事など

現在の開発状況や今後やりたい事をまとめてみました。

【現在の開発状況】
iOS版の改善(Android版の機能吸収)を少しずつ進めています。将皇入門編は先ほどAppStoreに審査依頼しました。通常版も10or11月くらいまでには何とかしたいと思います。あとは年内までに実戦詰将棋のレーティングモードを追加したいです。先行公開したWeb版は公開半月で4000人強の方にプレイして頂いており、一定の手ごたえを感じています。

【今後やりたい事】
「将皇」をアピールできる何かを作っていきたいです。まだ漠然とですが、将皇をキャラ化して将棋倶楽部24での対戦を応援してもらえるような仕掛けを作れたら面白いな〜とか考えています。キャラ化したら将皇ざぶとんを趣味で作りたい(笑)
そのためにはプログラムの強さも求めていく必要があると考えており、一から将棋プログラムを作り直す必要もありそうです。こういうのはあまりお金にはならないと思うので、数年かけて地道に進めていく感じですね。

他には、リバーシ・囲碁アプリや将皇の英語版にも手を出していきたいです。作業スピードを速くして色々な事ができるようになれればと思います。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-