0から始める入門囲碁アプリ
囲碁アプリを開発中です!
fe8787e9d6882315df7a2304a5dd86db.pngページへ移動
Twitter
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
メールで掲示板等で頂いた質問への回答(1)

今回はメールで頂いた質問をブログで回答してみようと思います。メールで個別に返信しようとすると、色々悩んで数日過ぎた挙句、返信できなくなる事が多々あるからです。質問の内容はこちらで意訳させていただきました。

 

【質問】

勝ち切れ将棋は何故ヒントや正解がないのでしょうか?。掲示板で教えてもらうのはハードルが高いです。

 

【回答】

"正解"と"ヒント"を一緒にすると混乱するためそれぞれ分けて回答します。

 

>何故正解がないのか?

勝ち切れ将棋はプロ(又はアマチュア高段者)の棋譜を利用した問題集です。有利な局面を引き継いで相手の玉を詰ませば勝ちとなるため、どのような経路を辿っても勝てば正解となります。そのため単一の正解手順がありません。

 

>何故ヒント機能がないのか?

ヒント機能は将来的には実装する予定があります。ただし、いくつか懸案があり慎重になっています。

 

>懸案について

ひとつは技術的な問題です。ヒント機能を実装するには、現在の一番強いCPU(LV5 or 6)より大幅に強いCPUを作る必要があります。そうしないと「ヒント機能を使ったのに負けてしまった」という事があるためです。私が開発したリバーシのアプリにはヒント機能や解析機能がありますが懸念した事が起きており、アプリの評価を最低に下げられる事があります。そのため、中途半端に作るぐらいならCPUを1から作りなおすレベルで考えないとダメだなと思っています。

 

もうひとつは、掲示板のコミュニティ機能を損なうのではないか?という不安です。勝ち切れ将棋の掲示板は、自分が対局した棋譜を投稿してコメントしたり他の人に質問したりできます(現在はPC、タブレット端末のみ)。そのコミュニティ性は他の将棋アプリにはない独自のものであり、今後も重視していくつもりです。ヒント機能を作る事でその盛り上がりが欠けてしまうのではないか?という不安があります。

 

 

以上が回答となります。

 

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 01:35 | comments(2) | trackbacks(0) |-
面倒くさい作業が増えた

将皇の問題配信で使っているGoogleのサーバ(AppEngine)でJava7が使えなくなるからJava8に移行してくれとアナウンスが来ました。Java7でデプロイしたプログラムは来年の1月で強制的にシャットダウンするという事です。( ´_ゝ`)フーンと思って移行方法を調べてみたところ芋づる式に作業が増える事が分かりテンションがガタ落ちです。とりあえずまとめてみます。

 

■Java7からJava8への移行方法について

 

Migrating from Java 7 to Java 8 Runtime

https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/java/migrating-to-java8

 

をみるとappengine-web.xmlに<runtime>の設定を追加してデプロイすれば良い、とあるので早速試してみたところエラーがでました。「今使っている環境が最新でない(むしろかなり古い)ので最新にしてから考えよう!」と思い調べると、現在使っている「Google Plugin for Eclipse」が非サポートになっていた事を今更知りました。「Cloud Tools for Eclipse」に移行せよとのことです。

 

■Cloud Tools for Eclipseの移行方法について

 

Google Plugin for Eclipse からの移行

https://cloud.google.com/eclipse/docs/migrating-gpe?hl=ja

 

新しいソフトウェアをいくつかインストールする必要があります。普段なら面倒臭い作業ですが、開発環境を新しいPCに移行する必要が元々あったため、ちょうど良いきっかけになりました。手順に従って移行するといくつかエラーが発生します。エラーの内容をググって解決。解決した後にナレッジをまとめたQiitaを発見しました…。

 

Google Plugin for Eclipse から Cloud Tools for Eclipse への移行

https://qiita.com/kazuki1600/items/360f649d158cd81191c2

 

色々あったけどjava8でデプロイできました。と思ったら実行時エラーが発生。Java8でサポートしていないクラスがあるとのこと。使っていないので削除!削除!

 

今度は別のエラーが発生。これが一番の問題です。移行ガイドを再度読んでみたところ「Cloud Tools for Eclipse はエンティティ クラスを自動拡張しません」という一番がさらっと書いてあって、このせいでエラーが起きていました。端的にまとめるとDBアクセス系の関数が全部非サポートということです。移行の方法がさらっと書いてありましたが、Stackonverflowの事例を見た限りでは別のライブラリを使った方が早いみたいです。

 

DataNucleus JDO with Google Cloud Tools for Eclipse

https://stackoverflow.com/questions/43395026/datanucleus-jdo-with-google-cloud-tools-for-eclipse

 

それなりのプログラム修正が必要です。残念無念。しっかりしたテストも必要だし、この作業に集中しても半月以上かかる気がします。3か月くらいかけて少しずつ進めていこうと今は考えていますが、それにしても大幅なモチベダウンです。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Twitterカードについて調べた事の備忘録

将皇には対局した棋譜をツイートする機能がありますが、現状はURLの文字情報のみで見栄えがよくありません。Google PlayやApp StoreのURLを貼った場合はアプリのアイコンや説明文が表示されたりして格好良いですよね?あれと同じことができないか調べてみました。調べた結果、頑張れば色々できる事が分かりましたので備忘録として残しておきます(やるとは言わない)。

 

「Twitterカード」という機能があり、Webサイト側にTwitter用のmeta情報を設定することでアイキャッチの画像や説明文などの情報を表示することができます。詳しくは下記のサイトを参考にしてください。

 

【2018年版】Twitterカードとは?使い方と設定方法まとめ

https://saruwakakun.com/html-css/reference/twitter-card

 

画像や説明文だけでなくブログパーツのような事もできるらしいです。これを応用すればTwitter上で棋譜を再生することができます。YoutubeではTwitter上で動画を再生できるのでそれと同じ理屈でしょうか?ティラノスクリプトというゲームエンジンは、「Twitterカード」を使うことでTwitter上でゲームをプレイすることができます。すごい!!

 

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
将皇の棋力について

 

そんな細かい事は気にしなくていいんじゃない?

 

というのが作者の思いなんですが、意外と気にされるユーザが多いようです。Yahoo掲示板でも定期的に質問があります。昔メールで棋力について問い合わせを受けた時は、返信をしても戻ってきてしまい放置したら全く同じ文面で数か月問い合わせを受け続けるという軽い恐怖体験もしました。それはどうでも良いですが。

 

■前提その1

レベルが同じでもプラットホームによって強さは変化します。具体的にいうとスマホ版よりWeb版(Flash版)の方が強い傾向にあります。これは使っているメモリの量や計算速度の違い(スマホよりPCの方が速い)によるものです。Web版の方が定跡データを豊富に使っているため、人間にとっては強いと感じる要素になっているかもしれません。また、同じスマホでも性能差はあります。

 

■前提その2

1~2局指しただけで判断するのは正確ではありません。将皇にも力を発揮できる局面やそうでない局面があります。ありますというか、その差が激しいようです。また、同じ戦法ばかり使用していると棋譜も似たようなものになるためブレが発生する要因になります。

 

という事を踏まえたうえで、将皇の棋力について考えてみましょう。過去に将皇(Flash版)を将棋倶楽部24に参戦させてもらった事があり、そのときのレートは以下のようになりました。

 

LV0:214(14級)

LV1:451(11級)

LV2:記録なし

LV3:899(7級)

LV4:記録なし

LV5:1701(2段) ※R200差のみ対戦受付

LV6:1934(3段)※R200差のみ対戦受付

 

これが現状で提示できる棋力の目安です。将棋倶楽部24の基準は他のアプリや道場と比較して厳しめなので適宜読み替えて頂ければと思います。

 

※補足

将棋倶楽部24のレートは対戦相手をどう選ぶかで数値が大きく変動します。当初、将皇LV6を対戦相手の条件なしで戦わせていたところ3級くらいで推移していました。しかし、同レート帯の人には8割以上勝ち越しているという不可解な状態でした。詳しく調べると、極端にレートに差がある(低い)人から繰り返し対局を受けてそれらの相手に9割勝っても残りの1割でレートがゴッソリ奪われて上に行けないという結果になっていました。逆にレートが高い人から挑戦を受ける事はほとんどない…。これでは不公平と思い、レート差200以上の相手からの対局を拒否するように設定を変えたところ3段まで上昇しました。棋力を絶対的な基準で判断するのがそもそも難しいと考えた方が良さそうですね。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
次にやる事

将皇(Android)ver5.0はひとまず無事にVUPできたみたいで一安心しました。ユーザ数の多いアプリは精神的負担が大きいです。

 

ひと段落ついたので次にやる事を決めようと思います。まずは、詰将棋の準備やJavaアプレットの署名更新や確定申告などの溜まっている雑務をやらないといけません(やりたくないです)。それが終わったらiOS版将皇の開発をやろうと思います。iOS版将皇はAndroid版に比べると機能的に見劣りするので少しテコ入れしたいです。ざっと思いついただけでもこれだけの機能差異があります。

 

・問題の一括ダウンロード
・実戦詰将棋の解答モード
・棋譜再生で任意の手数に直接移動するモード(リストビュー)
・実戦詰将棋のチャレンジモード
・棋譜の保存機能
・過去問機能

 

何故こんなに違うのかというとiOS版の方が儲かっていないから・・・は否定しませんが、それ以上にVUPするとランキングが落ちるリスクが気になって意図的に控えていたのです。AppStoreで表示される評価はバージョン毎にリセットされるので、リリース直後に数人から☆1を喰らうと低い評価でストアに掲載されます。低い評価のアプリは露骨にランキングが落ちてしまうんですね。ダウンロード数も減ります。定番ゲームは似たようなアプリが多いので特にその傾向が強いと推測しています。

 

ですがTwitterやブログでお伝えした通り、他のデベロッパーから☆1のレビューを数千個以上喰らってしまいアプリの評価がグダグダになりました。ランキングも大きく下がりました。しかし一つ分かった事がありまして、アクティブユーザ数はほとんど減っていませんでした。将皇は常連ユーザの比率が非常に高いのかなと思います。これからはランキングを気にしてVUPを渋るより、既存ユーザに長く遊んでもらえるように改善して収益性を上げる方向にシフトした方が良いと思いました。その方がユーザにとっても私にとっても健全だと思います。

 

長々と書きました。

結論をまとめると、たまった雑務をやれということです(違)

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 17:51 | comments(2) | trackbacks(0) |-