Sponsored links
広告
Twitter
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
囲碁アプリの開発日記(2)
ソースコードの移植は、5日作業して1/3程度進みました。CからC#への移植なのですが、C#はリバーシで一度使っただけで詳しくないのでイマイチはかどらないですね・・・。あとは移植元のコードがマクロを駆使してステップ数を減らしているので、移植後は意外と規模が大きくなりそうです。プログラムは大変だし、それ以上に入門用の説明を考えるのも大変だしで長期化する予感しかしないです。

初心者向けの説明原稿は、以下のページに少しずつ書き足していこうと思います。今は章立てを考えている段階です。作者の棋力向上がボトルネックになりそうです。
http://ken1shogi.sakura.ne.jp/Igo/memo/doc1.html

ちなみに今回の囲碁アプリですが、UnityのWebGL出力を使ってWebアプリとして公開しようと思います。まずは動くものを公開して、少しずつ改善していきたいです。
 
 

posted by: ken1-fund | 囲碁 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
囲碁アプリの開発日記(1)
4月から囲碁アプリの開発を始めました。とはいっても、AIを作る以前に囲碁をまともに打てる棋力もないので本当に1からのスタートです。備忘録代わりに色々書いていこうと思います。

まずは、プログラムを作る前にある程度の棋力がないと駄目かなと思い囲碁の勉強を始めました。入門本を買ったりスマホの囲碁アプリやWebで一通り学んでみました。
 
全然分からないし勝てないんですけど

やはり一筋縄ではいきませんね。しかし、初心者の気持ちが分かるこの時期は、アプリを開発するには一番良いタイミングなのかもしれません。先にアプリを開発して、その棋力にギリギリ勝てるAIを作って自分が強くなったらAIも強くするという開発スタイルの方が良いアプリが作れる気がしてきました。というわけで、囲碁の勉強はいったん中断orz

囲碁AIの方を先に作ろうと思い、参考になる情報をWEBから漁ってみました。山下さんの下記サイトが参考になると思います。

囲碁プログラムを作る人向けのリンク集
http://www.yss-aya.com/howtogo.html

囲碁AIは将棋AIと比べるとかなり難しい気がします(年のせいかも)。以前、モンテカルロ木探索の事を少し調べていた時に「人間らしい自然な弱さを実現するにはモンカルロ木じゃなくて、知識ベースの古いアルゴリズムを採用した方がよいのでは?」と少し思って、古い情報から調べたのですが、職人芸の雰囲気を感じてお腹いっぱいになりました。GNU GOのソースも長すぎて手に負えません(ライセンスがGPLだからどっちにしても使えませんが)。

「囲碁AIはワイには無理やったんや」と思い途方に暮れていたところ、ライセンスがMITのオープンソースを発見しました!しかもソースコードの記述が分かりやすく量も少ないです。これなら何とかなるかもしれません。

https://github.com/db3108/michi-c

まずは、このコードを理解してC#に移植する作業から始めてみます。1か月くらいで何とかしたいな〜。
 

posted by: ken1-fund | 囲碁 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-