Sponsored links
広告
Twitter
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
iOS版将皇の4.1でクラッシュする現象について

2/20にiOS版将皇の4.1をバージョンアップしたのですが、クラッシュが多発しているようです。詳細を調査したいので、もし現象が発生している方がいらっしゃいましたらコメント頂けないでしょうか?以下の情報を頂けると幸いです。

 

・端末(iPhone,iPad)の機種

・iOSのバージョン

・どの操作をした時にクラッシュが発生したか(例:〇〇の操作をした時、対局中、詰将棋中、問題ダウンロード中など)

・クラッシュする操作に再現性はあるか?(例:毎回発生する、何回かに1回発生する、1度だけ起きて以後再現しない)

・その他再現に必要な必要が情報があれば・・

 

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

[追記]

再インストールで現象が発生しなくなったとコメントを頂いています。最終的にはプログラム側で対策する予定ですが、それまでの間は可能であれば再インストールにて回避して頂けますと幸いです。なお、再インストールすると、設定(駒や盤の種類)がデフォルトに戻り、実戦詰将棋と勝ちきれ将棋の履歴がクリアされます。

 

[追記2]

私の端末で完全再現はできていないのですが、エラー発生個所とデバッガを使った調査から原因を以下の通り推測しています。

 

[推定原因]

過去バージョンの不具合で壊れた詰将棋情報(と勝ちきれ将棋情報)を保存してしまう場合があった。詰将棋を開始するときにその情報を不正に参照してクラッシュした。ver4.1より前のバージョンでも同様にクラッシュする可能性はあるが、開発環境の違いでたまたま起きておらずver4.1で顕在化した。なお、ver4.1は壊れたデータを保存しないようにチェックしているので新規インストールでは同様の問題は起きない。

 

[ver4.11での対策]

壊れたデータを不正に参照しないようにチェックする。既に保存されている壊れたデータは削除する。当該処理にて想定外の原因でアプリがクラッシュしそうな場合は、データを初期化して処理を継続する(この場合は履歴がクリアされます)。

 

posted by: ken1-fund | 将皇(iOS) | 23:04 | comments(13) | trackbacks(0) |-
次にやる事

将皇(Android)ver5.0はひとまず無事にVUPできたみたいで一安心しました。ユーザ数の多いアプリは精神的負担が大きいです。

 

ひと段落ついたので次にやる事を決めようと思います。まずは、詰将棋の準備やJavaアプレットの署名更新や確定申告などの溜まっている雑務をやらないといけません(やりたくないです)。それが終わったらiOS版将皇の開発をやろうと思います。iOS版将皇はAndroid版に比べると機能的に見劣りするので少しテコ入れしたいです。ざっと思いついただけでもこれだけの機能差異があります。

 

・問題の一括ダウンロード
・実戦詰将棋の解答モード
・棋譜再生で任意の手数に直接移動するモード(リストビュー)
・実戦詰将棋のチャレンジモード
・棋譜の保存機能
・過去問機能

 

何故こんなに違うのかというとiOS版の方が儲かっていないから・・・は否定しませんが、それ以上にVUPするとランキングが落ちるリスクが気になって意図的に控えていたのです。AppStoreで表示される評価はバージョン毎にリセットされるので、リリース直後に数人から☆1を喰らうと低い評価でストアに掲載されます。低い評価のアプリは露骨にランキングが落ちてしまうんですね。ダウンロード数も減ります。定番ゲームは似たようなアプリが多いので特にその傾向が強いと推測しています。

 

ですがTwitterやブログでお伝えした通り、他のデベロッパーから☆1のレビューを数千個以上喰らってしまいアプリの評価がグダグダになりました。ランキングも大きく下がりました。しかし一つ分かった事がありまして、アクティブユーザ数はほとんど減っていませんでした。将皇は常連ユーザの比率が非常に高いのかなと思います。これからはランキングを気にしてVUPを渋るより、既存ユーザに長く遊んでもらえるように改善して収益性を上げる方向にシフトした方が良いと思いました。その方がユーザにとっても私にとっても健全だと思います。

 

長々と書きました。

結論をまとめると、たまった雑務をやれということです(違)

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
将棋アプリ将皇(Android版)ver5.0を公開しました

将皇(Android版)ver5.0を公開しました。変更点は以下の通りです。

 

・実戦詰将棋の過去問題を追加(2011〜2016/10までの8000問以上) ※1

・勝ちきれ将棋の過去問題を追加(2011〜2016/10までの2000問以上)※1

・棋譜保存機能の追加※2

・対局再開時に先手・後手の手番およびコンピュータのレベルを選択可能にする仕様に改善

・「現在の局面から自分で操作」機能の廃止(対局再開でどちらも人を選ぶことで代替可能)

・オプションメニュー表示の設定廃止

・メモリ使用量変更の設定廃止

・不具合修正、改善など

 

※1:

過去問題は専用のコインを消費してプレイするシステムです。コインは動画広告の視聴で獲得できます。Android4.1より前の端末ではコインを消費せずプレイできます。

 

※2:

アプリデータの保存先が内蔵ストレージの場合のみ対応(主にAndroid4.4以降の端末)

 

 

本バージョンから実戦詰将棋と勝ちきれ将棋の過去問をプレイできるようになりました。問題はコインを消費してプレイするシステムになっており、動画広告を視聴(実戦詰将棋は10問で1回、勝ちきれ将棋は5問で1回)することでコインを獲得できます。問題は全部合わせると1万問を超えるので「日替わりの問題では足りない」という方でも十分なボリュームだと思います。是非遊んでみてください!なお、動画広告を何度も視聴する場合はWifi環境の方がよいかもしれません。また、短期間で何度も広告を視聴しようとすると広告在庫がない場合もりますので、少し時間を空けてから再度お試しください。

 

棋譜保存機能も追加しました。SDカードの書き込み権限を追加したくなかったので、一部端末(Android4.4以降であれば概ね対応しているようですが・・)のみ対応となります。入門編の方はSDカードの書き込み権限を追加してバージョンアップしたのですが、バージョンアップするユーザが従来の半分以下になってしまったためこのような対応とさせていただきました。

 

保存した棋譜は読み込んで再生したり途中の局面から再対局ができます。対局を再開する時は任意の手番を選択できますので、勝ちきれ将棋の先手・後手を逆にして「逆転将棋」といった縛りプレイをするのも楽しいかもしれません。

 

それ以外にも、対局画面からアプリの設定を変更できるようにしたり細かい部分の改善や不具合修正も行っています。

 

今後とも将皇をよろしくお願い申し上げます。

 

posted by: ken1-fund | 将皇(Android) | 15:00 | comments(4) | trackbacks(0) |-
今年1年を振り返って(2016年)

毎年恒例になっている今年一年の振り返りです。

 

[プログラム面での成果]
今年は新しいアプリをリリースする事ができませんでした・・。囲碁アプリをリリースする予定で開発をしていたのですが、技術的な懸案にぶつかったのと中国のデベロッパーから嫌がらせを受けてその対応に追われたりしてやる気を失ってしまいました。既存アプリの改善は細々と進めていたので開発自体は忙しかった気がします。

[集客面での成果]
ユニークユーザ数で比較すると、以下のような結果になりました。
2008年末 約10人/日
2009年末 約1100〜1200人/日
2010年末 約4000〜4500人/日
2011年末 PC版:約11500人/日、Android版:約18500人/日(詰将棋を解いた人をカウント)
2012年末 PC版:約14000人/日、Android&iOS版:約27000人/日
2013年末 PC版:約14000人/日、Android&iOS版:約28500人/日

2014年末 PC版:約15500人/日、Android&iOS版:約31000人/日
2015年末 PC版:約16000人/日、Android&iOS版:約42000人/日
2016年末 PC版:約16000人/日、Android&iOS版:約48500人/日

アプリのダウンロード数はこんな感じです。
将棋アプリ将皇(Android):341万DL→404万DL
将棋アプリ将皇(iOS):141万DL→208万DL
将皇入門編(Android):53万DL→73万DL
1手詰タイムアタック:31万DL→35万DL
将皇入門編(iOS):20万DL→42万DL
入門リバーシ:2.2万DL→17万DL

 

PCは何もしていないのにびっくりするぐらい横ばいです。これだけのユーザ数を抱えていながらあまり収益に繋がっていないのは切ないですね。既存アプリは色々な問題があったものの結果的にはダウンロード数を伸ばす事ができました。最近はユーザ数やランキング(≒収益)の影響を気にしてアプリの機能追加を渋ってしまうので、その辺りの折り合いをうまくつけたいなと思っています。

[来年の目標]
まず、今年の積み残し作業である過去問機能をAndroid版で早めにリリースしたいです。iOS版もリリースしたいですが、このブログを書く直前に中国のデベロッパーがまた☆1攻撃を再開したのが分かり大分テンションがおちてしまいました。あいつらは自分のアプリをサクラのレビューで持ち上げるだけでなく、私のアプリの評価を下げてくるので本当に悪質です。

 

・・・本題に戻ります。今年はプログラミングのスキルアップに繋がる勉強や開発を行っていきたいです。ここ数年は目先の収益を追った小手先の作業しかしていないため自身の能力が劣化しているような気がします。その辺りのコンプレックスを克服したいです。最新のコンピュータ囲碁・将棋のアルゴリズムも勉強してみようと思います。数学もほとんど忘れているので再勉強しないと駄目ですね(笑)。

 

posted by: ken1-fund | 将棋(色々) | 18:42 | comments(2) | trackbacks(0) |-
【情報】勝ちきれ将棋の掲示板で編集・削除ボタンが消える理由について

勝ちきれ将棋の掲示板に書き込んだ投稿は、投稿した本人に限り編集や削除等の操作を行えます。しかし、投稿した本人かどうかを識別する情報が消えてしまうと操作ができなくなります。どういった場合に消えるのかについて概要を説明します。

 

まず、ユーザが投稿を行うと個人を識別するための識別情報(ランダムな文字列)を作成します。その識別情報はサーバ側とクライアントPCの両方に保存されます。書き込んだ本人かどうかの照合は識別情報の一致で行います。クライアントPC側の識別情報はブラウザのクッキー情報として保存されます。クッキー情報はブラウザのキャッシュデータ削除などで削除される場合があります。また、「InPrivateブラウズ」などのセキュリティを重視したモードでブラウザを使用するとクッキー情報が最初から保存されません。その場合、掲示板で編集・削除の機能が使えなくなります。

 

結論を以下にまとめます。

投稿した本人を識別する情報はブラウザのクッキー情報として保存されている。クッキー情報が消された場合、または作成できなかった場合は編集・削除機能が使えなくなる。

 

どの操作でクッキー情報が消えているかは分からないため、該当していそうな操作を回避して頂けますと幸いです。

 

[補足]

クライアント側の識別情報が消えないようにすれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、そのためにはユーザ登録が必要になったり、削除・編集用のパスワードを登録してもらう必要があります。それも一つの選択肢ではありますが、利便性や運用コストを考慮して今の所は考えていません。ご不便をおかけして恐縮ですが何卒よろしくお願いいたします。

 

 

posted by: ken1-fund | 将皇(Android) | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-